2017年08月21日

映画『軍艦島』、観客655万人集めてチャートアウト

韓国映画『軍艦島』が結局、チャートアウトした。映画振興委員会の映画館入場券統合電算網によると、映画『軍艦島』(リュ・スンワン監督)は18日から20日まで週末3日間で2万131人を集めることにとどまった。
タクシー運転手 DVD

累積観客数は655万491人で、ボックスオフィスのランキングは11位まで大きく下落し、トップ10から外された。

これでことし夏の最大期待作だった『軍艦島 DVD』は損益分岐点を超えないまま、上映が終わるものと見られる。

公開前にスクリーン寡占論争に巻き込まれ少なからず被害を受けた『軍艦島』は、公開後も観客と疎通することに失敗することで大きな打撃を受けた。

いわば「軍艦島事態」と呼ばれる『軍艦島』公開の過程と結果は、夏シーズンだけでなくことしの映画界全体を考えても衝撃的なニュースに他ならない。
OUR PRESIDENT DVD

すでに結果は出ており、『軍艦島』はたいへんな努力を注いだにもかかわらず、惜しい成績を受けることになった。
隠された時間 DVD

後日『軍艦島』に対する再評価が行われるかどうか分からないが、『軍艦島』は韓国映画界の残念な作品として残るものと見られる。


この記事へのトラックバックURL

http://nisena.fukuokablog.jp/t12647
上の画像に書かれている文字を入力して下さい