2018年06月21日

デッドプール2評価


個人的には前作からくる期待を上回ったと思う[憎くても愛してる DVD]。

前作は予算が無いなかでのSFアクションの新しいやり方を掲示したのに対し、今回はある程度お金をかけて前作でできなかったことにもチャレンジしている。

とはいえやみくもにお金をかけるのでは無く、前回と同様に無駄なことにはお金をかけない感じによって、前回と乖離しすぎないようにバランスも取れている。

適当なセリフに見えるところ(「ファミリームービー」とか)が実は伏線になってたり、かと思えばストーリーと全く関係ない話もするし、そんな物語を自身で「脚本ひどい」とかディスってるあたりが面白い。

予告編で抱いたX-フォースへの期待に関する裏切り(笑)も最高[イ判サ判 DVD]。

パロディに関しては少なくてもX-MENの世界観を知らないと分かりづらいかな。


この記事へのトラックバックURL

http://nisena.fukuokablog.jp/t13641
上の画像に書かれている文字を入力して下さい